2019年11月19日

カルテ 足ツボ編@

◎40代女性
下腿がパンパンの状態。
左足裏では、気にならなかったが、右足の甲状腺を触ると、明らかに
左右で硬さが違い思わず、「甲状腺悪いですかexclamation&question」とお聞きする。
すると、20代の頃に甲状腺に腫瘍が出来て、甲状腺機能亢進症になり、
その時に手術で摘出したそうです。
今では、逆の甲状腺機能低下症になっているとの事でした。

甲状腺機能低下症は、新陳代謝の低下を引き起こすため、
・むくみ:特に起床時に手や顔がむくみ、昼頃になると少し改善する。
・皮膚症状:皮膚の乾燥・汗が少ない
・寒がり:新陳代謝が低下し全身の熱の産生が減り、寒さに弱くなります。
・脈が遅くなる
・無気力:ものごとに対する意欲・気力が低下し、忘れっぽくなったり
     行動的ではなくなったりします。すぐ眠くなる
・筋肉症状:筋力の低下や肩こりがひどくなることもあります。
・月経の異常:月経過多や長く出血することがあります。
posted by カイロプラクター石田 at 13:38| Comment(0) | カルテ

2019年11月11日

何気ない習慣がブサイク脚を作ってしまう?⓵

@片足重心で立ってしまう。
立つ時にどちらかの足に重心をかけて立つ姿は、ブサイク脚を作る原因となってしまいます。
何となくモデルさんなどが、雑誌などで片足重心の立ち方をしている
イメージがあるため、してしまう人が多いようですが実はNGexclamation×2

身体の片側に重心が偏ることで骨盤の歪みを生んでしまい、
どんどんブサイクになってしまいます。
そうならない為にも、日頃からのきちんとした立ち方を
心掛けましょう。
posted by カイロプラクター石田 at 12:58| Comment(0) |

2019年11月04日

偏平足・開張足にならないためにD

靴選びのポイント
@土踏まずのアーチを支えるインソールが入っているもの
A2〜3cm程度のヒールがある靴
B大きすぎるサイズは厳禁
C足裏に痛みがなければ、あまりフカフカの柔らかい
 インソールを使うべきではない。

この4つのポイントを押さえておけば疲労感を軽減し、
偏平足の進行を抑制することができます。
Cは、一見、フカフカのインソールは履いていて気持ち
いいのですが、長時間歩いた時の疲労感が増しますので、
低反発よりも高反発系の適度に柔らかく、歩行中のロス
(足の動き)が少ない靴・インソールにすることをお勧め
します。逆に、足底筋膜炎の痛みがある場合は、低反発系
のフカフカのインソールの方が、炎症部位を圧迫しないの
で良いと思います。
posted by カイロプラクター石田 at 11:31| Comment(0) | 足指