2018年02月27日

口臭の悩み。あなたも臭ってる? チェックリスト

口臭の原因は日常の生活にあります。
まず次の「口臭チエックリスト」で、あなたの生活習慣を確認してみてください。

1.朝食を食べないことが多い
2.食事をするとき、あまり嚙かまずに食べるほうだ
3.お酒やたばこの摂取量が多い
4.お茶よりコーヒーをよく好む
5.どちらかといえば、水分はあまりとらない
6.口を開けて呼吸していることが多い
7.ストレスをためこむほうだ
8.夜ふかしをするほうだ
9.胃腸の調子が悪い
10.肉食が多い

以上のリストで3項目以上当てはまるようなら、口臭注意報発令です。

朝食を抜いたり、よく嚙まずに食べたりしていると、唾液の分泌が悪くなり、
口の中の雑菌が繁殖します。口呼吸も唾液を蒸発させ、口の乾燥をまねきます。
夜ふかしやストレスは自律神経の働きを乱して、唾液の分泌を低下させ、口臭の
元になる舌苔ぜったいを増加させます。コーヒー、たばこ、お酒はそれ自体が
ニオイの元となり、胃腸の不調や糖尿病などの生活習慣病の誘因にもなります。

口臭が強くなったら、それは生活習慣を見直しなさいというサインでもあるのです。
posted by カイロプラクター石田 at 10:50| Comment(0) | 日記

1回飲むだけのインフル新薬「ゾフルーザ」、厚労省が承認!

 厚生労働省は23日、1回の服用ですむ新たなインフルエンザ治療薬
「ゾフルーザ」の製造販売を承認した。
これまでの治療薬と異なる作用をする薬で、開発した塩野義製薬(大阪市)
は、5月の販売開始を目指すそうです。
ゾフルーザは、A型とB型のインフルエンザ患者が対象で、
1回錠剤を飲むだけで効果があるとされる。唯一の飲み薬で1日2回、
5日間飲み続ける必要があるタミフルに比べ、使いやすい。

ウイルスは人の細胞に入り、中で増殖して細胞外に出されるが、
ゾフルーザは細胞内での増殖を抑制する作用がある。
タミフルや吸入薬リレンザなど、従来の薬はいずれも増殖は抑えられず、
細胞外に出るのを抑える仕組みだった。
posted by カイロプラクター石田 at 10:39| Comment(0) | インフルエンザ

2018年02月21日

インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える

診断確定後1週間とその前後1年間で心筋梗塞発症率を比較
カナダToronto大学の研究により、呼吸器感染症の中でも
インフルエンザは特に、心筋梗塞の発症リスク上昇と関連
があると結論している。
posted by カイロプラクター石田 at 16:17| Comment(0) | インフルエンザ