2019年01月29日

白湯とお湯の違いとは?

白湯とお湯は同じものと捉えている方もいることでしょう。白湯の正しい作り方を説明する前に両者の違いを正しくチェックしていきたいと思います。

<白湯とお湯の違いは?>
お湯とは、水と熱の要素を含んだ「熱い水」のことを指す一方、白湯はやかんの蓋をとってブクブクと沸かすことで水・熱に「空(くう)」の要素が含まり、この空によって身体に溜め込んでいた未消化物を綺麗に洗い流してくれると言われています。普通のお湯でも多少は未消化物を流し去ることができますが、正しい要領で作った白湯であれば劇的に洗い流し、美容効果を更に高めてくれるそうです。

【POINT】
白湯の一日の摂取量目安は700〜800mlと言われています。たくさん飲みすぎてしまうと身体のバランスが崩れたり、消化不良を起こすなど、かえって悪い影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう。飲み方としてはコップ1杯くらいを少しずつ、分けて飲むのが基本。食事やおやつタイム、朝起きた時など少しずつ飲む習慣をつけるようにしましょう。

白湯の正しい作り方について説明していきたいと思います。使用する水は、できれば浄水器を通した水や市販のミネラルウォーターなど綺麗なものを選ぶと尚いいでしょう。

<白湯の正しい作り方>
1.水をやかんに移し、蓋をして沸かしていきます。
2.沸騰してきたら蓋を外し、10〜15分間を目安に沸かします。
3.保温ポットなどに入れていつでも持ち歩けるようにしましょう。

【POINT】
あまり勢いよく沸かしすぎると水の量が減ってしまうので、様子を見ながら少しずつ火加減を調整することをおすすめします。お湯の表面が少し揺らぐ位の状態をキープするのがポイントです。

白湯の適度な温度は50〜60度くらいですが、一番効果がある飲み頃は自分自身にとって快適に感じられる温度だそう。毎日白湯を作る際、「おいしい」と感じられる感覚を頼りにベストな温度を見つけていくといいでしょう。
posted by カイロプラクター石田 at 10:51| Comment(0) | ひとりごと

2019年01月07日

知らずにやっている!? 足首が太くなるNG習慣チェック

足首が太くなってしまう原因になるNG習慣のチェックをしてみましょう!

【足首への影響大!? NG習慣とは】

■ペタンコ靴・ハイヒールばかり履いている
ペタンコ靴はとてもラクですが、足が地面からの衝撃をダイレクトに受けやすい上、足首を使わずペタペタと歩いてしまいがちになります。ハイヒールも、つま先立ちで歩いている様な状態になる為、足首を使って歩いていないそうです。すると、足首の血行が悪くなりむくむので、足首が太くなる原因に。

■むくんだ脚をそのまま放置している
足首はむくみやすいパーツです。むくみを放置することで、脂肪や老廃物が合体し、セルライトとなってしまいます。むくみが気になる時は、翌日に持ち越さず、マッサージなどでむくみを解消しましょう。

■冷えを放置している
身体が冷えているということは、血行が悪くなっているので、老廃物が足首に溜まりやすい状態と言えます。ストレッチなどで身体を温めて冷えを解消し、巡りを促してあげることが大切です。

■かかとを引きずって歩いている
かかとを引きずって歩く癖があると、足の筋肉を使わなくなってしまうので、老廃物が溜まりやすく、セルライトができてしまう原因にも。

■座っている時間が長い
長時間座りっぱなしでいると、血流が悪くなり、リンパの流れも滞るので、むくんだり太くなりやすいそうです。時々、足首を回したり、屈伸するなどして、血行を良くしましょう。

■運動不足になっている
運動不足で足の筋肉を使う機会が少ないと、筋力が衰えてしまい、老廃物などを押し流すことが出来なくなるので、むくみやすくなります。普段あまり歩かない・階段よりもエスカレーター・エレベーターを使う、という方は要注意。

いかがでしたか?当てはまるNG習慣はありましたか? 普段何気なくしている習慣が、キュっと引き締まった足首を妨げている可能性もあります。日頃から気を付けて、美脚を目指しましょう!
posted by カイロプラクター石田 at 10:46| Comment(0) | ひとりごと