2020年12月16日

足裏痛@

@旅行先でのトラブルNo.1
旅行に出かける際、旅行先にあわせた新しい靴を購入される方も
多いと思いますが、旅先でのトラブルNo.1は足の痛みや疲れが
圧倒的に多く、合わない靴で楽しい気分も半減という経験を
された方も多いはずです。

まずは旅行へ行く前に
本当は、旅行に行くときは履きなれた靴でいくのが一番です。
長時間歩いたり、行列に並んだり、階段の登り降りなど、
いつも以上に足を使います。
普段履いてて一番楽だなというものを選ぶのが良いのですが、
特に海外の場合は、ドレスコードが気になったり、リゾート感を
損ないたくないなど、新調したくなるのも良くわかります。

そこで、靴を新調する前に、現地の人や他の旅行者が、どのような
服装・履き物で歩いているか、SNSやWebで調べてみましょう。
観光先やレストラン・ホテルの下見もかねて見てみると、
意外なことに気づくはずです。

・思ったよりも、道が良くない
・階段が多い
・意外とドレスコードを気にしなくても大丈夫(逆に、かなりフォーマルな場合も)
・脱ぎ履きが多い(特に、国内の場合
・かなり凸凹した石畳の街 など。
posted by カイロプラクター石田 at 12:45| Comment(0) | 足裏

2020年12月14日

疲労ってそもそも何?B

女性が疲れやすい理由とは
女性は男性と比較し、より疲れやすいのだといいます。
専業主婦の方が多く、仕事で働いている人だけが疲れているわけではありません。
たとえば、会社員であれば医師の診断書があればしばらく休むことができますが、
主婦はそういうわけにはいきません。

疲れと女性ホルモンの関係
「それは女性ホルモンが自律神経に深くかかわっているから。
ホルモンバランスの崩れは、自律神経の乱れに直結します。
とくに更年期になると自律神経が乱れ、疲れてしまうのです。
睡眠中も寝息がいびきに変わっていくことがあり、これが良質な
睡眠を最も妨げるのだそう。脳に酸素が行きにくくなり、自律神経が
過剰に働くからです。このように自律神経が乱れると、脳が疲労を
感じるのです。
また、筋肉が少なく脂肪が多い女性は、男性よりも体感温度の差が
1〜3℃程度異なります。実は、男女が同じ部屋で寝るのはナンセンス。
冷えがちな体の血流をコントロールするのに自律神経が余計に働く必要
がありますから、女性はより疲労を感じやすいのです」
posted by カイロプラクター石田 at 15:27| Comment(0) | 日記