2021年10月15日

脳の疲れを癒やすOK習慣F

【入浴】
〇 ぬるめの湯で10分以内の半身浴

熱い湯に全身浴で長くつかると、体温や脈拍、血圧が上がり、
体の機能を調節する脳や自律神経の疲労が高まってしまう。
疲労回復には、38〜40度のぬるめの湯に、10分以内を目安に
半身浴を。入浴回数も多くて1日に2回に。
posted by カイロプラクター石田 at 17:18| Comment(0) | ひとりごと