2017年11月28日

冷え対策D

呼吸によるポンプ作用で体の隅々まで熱が行き渡らせる。

運動で呼吸が深くなることで、体はさらに温かくなっていきます。
息を吸ったり吐いたりすることで、血管が伸縮して血液を体の隅々まで届け、
熱を生み出すことができるからです。
つまり、呼吸が浅くなるほど体は冷えていき、呼吸が深くなるほど体は温かく
なります。
呼吸を深くするには、体を動かすことです。体を動かすほど呼吸は深くなって
いきます。
体の末端まで血液が循環して、温かい体を手に入れることができます。
posted by カイロプラクター石田 at 14:29| Comment(0) | 冷え症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: