2017年11月28日

浮指E

子供の浮指

小中学生の60%、つまりクラスの60%の子に浮指や外反母趾など
足裏の異常が見られます。「一生の足は10歳くらいで決まってし
まいます」。そして手遅れになっている子供も多くいます。
手遅れとは、すでに痛みや不調を発症しているという意味です。

浮指や外反母趾による、子供の自律神経失調状態、うつ状態、
登校拒否、引きこもりが集中しているそうです。
治療は早ければ早いほど改善します。
進行した子供は既に、背骨が曲がる側弯症と共に頭痛、肩こり、
めまいなどのほかに胃腸障害、便秘、冷えなどいくつかの自律
神経失調状態やパニック症が表れています。これが隠れた本当の
原因となって、学校に行けない(登校拒否)、引きこもり、
元気のない子供などの状態にしているのです。
スポーツをしている子供はこれらの不調以外に、既に足や膝の痛み、
半月板損傷、腰椎分離症、ヘルニア、すべり症などの骨損傷(疲労骨折)
や変形、靭帯損傷を起こしてしまいます。

img001.jpg
posted by カイロプラクター石田 at 14:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: