2018年02月27日

1回飲むだけのインフル新薬「ゾフルーザ」、厚労省が承認!

 厚生労働省は23日、1回の服用ですむ新たなインフルエンザ治療薬
「ゾフルーザ」の製造販売を承認した。
これまでの治療薬と異なる作用をする薬で、開発した塩野義製薬(大阪市)
は、5月の販売開始を目指すそうです。
ゾフルーザは、A型とB型のインフルエンザ患者が対象で、
1回錠剤を飲むだけで効果があるとされる。唯一の飲み薬で1日2回、
5日間飲み続ける必要があるタミフルに比べ、使いやすい。

ウイルスは人の細胞に入り、中で増殖して細胞外に出されるが、
ゾフルーザは細胞内での増殖を抑制する作用がある。
タミフルや吸入薬リレンザなど、従来の薬はいずれも増殖は抑えられず、
細胞外に出るのを抑える仕組みだった。
posted by カイロプラクター石田 at 10:39| Comment(0) | インフルエンザ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: