2018年11月13日

足のむくみに痛みが伴う場合はどうしたらいい?

足のむくみに痛みが伴う場合、病的なものが考えられます。
下肢静脈瘤
ポンプ作用をするふくらはぎの筋肉の血管にある静脈弁は、血液の逆流を制御する働きをしています。この静脈弁が壊れて、血液が逆流して足にたまってしまうものを静脈瘤と言います。むくみ以外の症状としては、足の血管がボコボコ浮き出て、ひどくなると痛みがあります。
深部静脈血栓症
血液のかたまりができる病気で通常は脚で発生します。ふくらはぎがむくんで痛み、圧痛、熱感などがあります。
リンパ管炎
腕や脚の傷からリンパ管にばい菌が侵入します。感染した脚の皮膚に熱感、圧痛などが出ます。
血栓性静脈炎
皮膚のすぐ下にある静脈に炎症が起きて血栓ができた状態で、腕や脚に起こります。皮膚が赤みのある腫れができて痛みが出ます。

むくみがあって、その部位に痛みも出ている場合は、自己判断せず、まずは血管外科または外科を受診しましょう。
posted by カイロプラクター石田 at 10:36| Comment(0) | むくみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: