2019年11月04日

偏平足・開張足にならないためにD

靴選びのポイント
@土踏まずのアーチを支えるインソールが入っているもの
A2〜3cm程度のヒールがある靴
B大きすぎるサイズは厳禁
C足裏に痛みがなければ、あまりフカフカの柔らかい
 インソールを使うべきではない。

この4つのポイントを押さえておけば疲労感を軽減し、
偏平足の進行を抑制することができます。
Cは、一見、フカフカのインソールは履いていて気持ち
いいのですが、長時間歩いた時の疲労感が増しますので、
低反発よりも高反発系の適度に柔らかく、歩行中のロス
(足の動き)が少ない靴・インソールにすることをお勧め
します。逆に、足底筋膜炎の痛みがある場合は、低反発系
のフカフカのインソールの方が、炎症部位を圧迫しないの
で良いと思います。
posted by カイロプラクター石田 at 11:31| Comment(0) | 足指
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: