2020年03月02日

女性高齢者のひざ痛「変形性ひざ関節症」

変形性ひざ関節症は、ひざ関節の「軟骨」がすり減り、
ひざ関節に炎症が起きて痛みを感じる症状です。

女性に多く、男性の約4倍の確率で発症しています。
60代女性の約40%、70代女性の約70%がかかっている
といわれます。肥満でO脚の人に多いのも特徴です。
女性に多い理由は明らかではありませんが、閉経など
ホルモンのバランスが影響していると考えられています。

「日常の注意」と予防の為の「3つのエクササイズ」
・太ももの裏側(ハムストリング)を伸ばす
・太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛える
・正座をなるべくさける
・減量し、体重をコントロールする
・エアコンなどで下半身を冷やさない
・夏場でも、お風呂でひざを温めて血行をよくする

<水中ウォーキング>
プールなど水中をゆっくり歩行します。週に1〜2回のペースで、
1回につき約20分からはじめましょう。疲れ過ぎないことが大事です。

<お風呂でのエクササイズ>
浴槽のふちにつかまり、膝を曲げてゆっくりしゃがみます。
10数えたら静かに立ち上がります。これを5〜10回くり返します。

<椅子にすわったエクササイズ>
椅子に深く腰かけて背筋を伸ばします。右足をまっすぐ前へ伸ばし、
10数えたら足を下ろします。左足も同じように行います。
これを20セットくり返します。
posted by カイロプラクター石田 at 12:15| Comment(0) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: