2020年09月14日

疲労回復 -疲れとうまく付き合うために-D

疲れをとる方法で、よく言われているのが「血流をよくすること」です。
お風呂にゆっくり浸かる、軽いストレッチをする、マッサージをする
などの血流をよくする方法は、心身ともにリラックスできるものです。
こうした方法でなぜ疲れが取れるのでしょうか。

「先ほどもお伝えしたとおり、血液は酸素や栄養を全身に行きわたらせ、
老廃物を排泄する役割を持っています。疲れが溜まっているとき、
私たちの身体は、酸素や栄養が足りず、老廃物が身体に溜まっている
状態でもあります。血液自体は、生命に関わるものなので、まったく
流れないということはありませんが、通常元気なときよりも、その流れが
滞ってしまうと、身体にもさまざまな不調が起きます。

漢方医学では、この“血液の流れが悪く滞っている状態”を、
“瘀血(おけつ)”と呼んでいます。
これを改善することで、全身にくまなく栄養を届け、疲れの原因と
なっている老廃物を排泄できるのです」
posted by カイロプラクター石田 at 00:00| Comment(0) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: