2021年08月23日

脳の疲れを癒やすOK習慣D

【夕食】
〇 鶏胸肉と酸っぱいものを食事に取り入れる

疲れているとき、焼き肉はカロリーと脂肪が過多で、胃腸に負担がかかる。
一方、鶏の胸肉に多く含まれる成分「イミダペプチド」は
疲労回復効果が科学的に証明されています。
「1日に鶏胸肉100gを2週間取り続けると、脳内の酸化疲労ストレスが
減るという研究結果があります。
また、酸っぱいものに含まれるクエン酸も、細胞がエネルギーを生む反応に
重要な役割を果たします」
posted by カイロプラクター石田 at 14:04| Comment(0) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: