2017年12月04日

首痛に注意を!

明日の朝から、寒い日が続きますね。
寝違いなどの、急性頚椎症に気を付けましょう。
首回りを冷やさない様にね。
posted by カイロプラクター石田 at 20:24| Comment(0) | 日記

2017年12月02日

冷たい足先

氷のように冷たい、足先の冷え性の3つの意外な原因とはexclamation&question

足先の冷え性…「体質だから仕方ない…」と、諦めていませんかexclamation&question
足先はきちんと血の通った体の一部です。生きている限り、
皆さんの足先は必ず自ら温まる力をもっています。

足先の冷えの原因は、靴下の重ねばきや、ヒール・革靴などの常用で、
足を柔軟に動かすことがむずかしくなっています。
足は一つの塊のように扱われてしまい、足先の筋肉はこり固まり、
その中を通る血管は圧迫され、血の巡りがわるくなっています。

改善策として
@靴下の重ねばきや、硬い靴をやめる。
 足先の筋肉がポンプのように働き、全身の血の巡りを良くします。
 今まで機能していなかった毛細血管の先まで血が巡り、足先の温まる
 働きが回復しやすくなります。
A温めすぎをやめる
 人間には、急激な変化にも体がついていけるように、体が現在の
 状態を維持しようとする働きをホメオスタシスと言います。
 冷えた体を強制的に温めると、体は元の状態に戻ろうとして、
 汗をかき、元の温度より下がってしまう可能性があります。
B食べ過ぎをやめる
 食べ過ぎると胃腸に血液が集まり、産熱量の多い骨格筋、脳、
 心臓の筋肉をはじめ、胃腸以外の器官や細胞への血液供給量が
 低下するため、かえって耐熱が低下してしまいます。
posted by カイロプラクター石田 at 18:29| Comment(0) | 日記

2017年11月28日

浮指E

子供の浮指

小中学生の60%、つまりクラスの60%の子に浮指や外反母趾など
足裏の異常が見られます。「一生の足は10歳くらいで決まってし
まいます」。そして手遅れになっている子供も多くいます。
手遅れとは、すでに痛みや不調を発症しているという意味です。

浮指や外反母趾による、子供の自律神経失調状態、うつ状態、
登校拒否、引きこもりが集中しているそうです。
治療は早ければ早いほど改善します。
進行した子供は既に、背骨が曲がる側弯症と共に頭痛、肩こり、
めまいなどのほかに胃腸障害、便秘、冷えなどいくつかの自律
神経失調状態やパニック症が表れています。これが隠れた本当の
原因となって、学校に行けない(登校拒否)、引きこもり、
元気のない子供などの状態にしているのです。
スポーツをしている子供はこれらの不調以外に、既に足や膝の痛み、
半月板損傷、腰椎分離症、ヘルニア、すべり症などの骨損傷(疲労骨折)
や変形、靭帯損傷を起こしてしまいます。

img001.jpg
posted by カイロプラクター石田 at 14:38| Comment(0) | 日記