2019年06月03日

マタニティコース

フットママには、ご存知の方もいらっしゃいますが、妊婦さんでも受けられる
コースがございます。
〇フットママ式リフレクソロジーは、フットママ全店受けられます。
 20分・35分・50分の全コース。安定期に入られた方対象。

〇マタニティカイロプラクティックは、五日市本店のみ。
 45分コース。金曜日以外受けられます。
posted by カイロプラクター石田 at 19:01| Comment(0) | ひとりごと

2019年05月28日

爪を見れば健康状態がわかる?

爪の状態は体の健康を表すサインにもなっているのだとか。
爪の悩みで多いのが「線」が入ること。
特に爪に縦の線が出てくることが多いそうで、これは体の乾燥と老化が
原因にあげられます。

水分不足や空気の乾燥はお肌のみならず、爪にまで影響しますので水分を
しっかり補給しましょう。またハンドクリームも爪の周りの皮膚まで
しっかり塗りこむことも大切です。

また栄養不足も爪の縦線に影響するといわれています。
なかでもビタミンB群が不足すると症状が出やすいそうです。

もし黒い線が入った場合はメラノーマやアジソン病などの可能性もあるので、
すぐに医師に診てもらいましょう。

メラノーマ:皮膚がん
アジソン病:「慢性副腎皮質機能低下症」
突然の背中の痛みや吐き気・嘔吐、血圧低下、意識消失を呈することがあります。
posted by カイロプラクター石田 at 18:37| Comment(0) | ひとりごと

2019年01月29日

白湯とお湯の違いとは?

白湯とお湯は同じものと捉えている方もいることでしょう。白湯の正しい作り方を説明する前に両者の違いを正しくチェックしていきたいと思います。

<白湯とお湯の違いは?>
お湯とは、水と熱の要素を含んだ「熱い水」のことを指す一方、白湯はやかんの蓋をとってブクブクと沸かすことで水・熱に「空(くう)」の要素が含まり、この空によって身体に溜め込んでいた未消化物を綺麗に洗い流してくれると言われています。普通のお湯でも多少は未消化物を流し去ることができますが、正しい要領で作った白湯であれば劇的に洗い流し、美容効果を更に高めてくれるそうです。

【POINT】
白湯の一日の摂取量目安は700〜800mlと言われています。たくさん飲みすぎてしまうと身体のバランスが崩れたり、消化不良を起こすなど、かえって悪い影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう。飲み方としてはコップ1杯くらいを少しずつ、分けて飲むのが基本。食事やおやつタイム、朝起きた時など少しずつ飲む習慣をつけるようにしましょう。

白湯の正しい作り方について説明していきたいと思います。使用する水は、できれば浄水器を通した水や市販のミネラルウォーターなど綺麗なものを選ぶと尚いいでしょう。

<白湯の正しい作り方>
1.水をやかんに移し、蓋をして沸かしていきます。
2.沸騰してきたら蓋を外し、10〜15分間を目安に沸かします。
3.保温ポットなどに入れていつでも持ち歩けるようにしましょう。

【POINT】
あまり勢いよく沸かしすぎると水の量が減ってしまうので、様子を見ながら少しずつ火加減を調整することをおすすめします。お湯の表面が少し揺らぐ位の状態をキープするのがポイントです。

白湯の適度な温度は50〜60度くらいですが、一番効果がある飲み頃は自分自身にとって快適に感じられる温度だそう。毎日白湯を作る際、「おいしい」と感じられる感覚を頼りにベストな温度を見つけていくといいでしょう。
posted by カイロプラクター石田 at 10:51| Comment(0) | ひとりごと