2021年11月10日

足のむくみを放っておくと、静脈に血栓、心不全の恐れも

新型コロナウイルス禍で座りっぱなしの在宅仕事と運動不足が重なり、
足のむくみに悩んでいる方は多いと思います。
多くは一過性の浮腫みですが、病気が隠れている場合もあります。

むくみは血管からしみ出た水分が細胞のまわりに過剰にたまった状態。
心臓から動脈を通じて全身に送られる血液は静脈を経て心臓に戻りますが、
足は心臓から遠く、重力に逆らって血液を送り返します。
血行が悪くなると、むくみが起きやすい。指で押してできたへこみが
なかなか戻らないという症状も。

日常起こりうる生理的なむくみもあります。
休息をとるほか、あおむけで足を上げて揺らしたり、足首を動かし、
つま先をを上下させたりといった運動で改善することがあります。
posted by カイロプラクター石田 at 13:58| Comment(0) | ひとりごと

2021年10月15日

脳の疲れを癒やすOK習慣F

【入浴】
〇 ぬるめの湯で10分以内の半身浴

熱い湯に全身浴で長くつかると、体温や脈拍、血圧が上がり、
体の機能を調節する脳や自律神経の疲労が高まってしまう。
疲労回復には、38〜40度のぬるめの湯に、10分以内を目安に
半身浴を。入浴回数も多くて1日に2回に。
posted by カイロプラクター石田 at 17:18| Comment(0) | ひとりごと

2021年09月24日

脳の疲れを癒やすOK習慣E

【お酒】
〇お酒は少量 血流を促す程度に
お酒を飲むと疲れが取れた気になるのは、
理性をつかさどっている脳の機能がアルコール成分で
マヒするのでお酒の飲み過ぎは体内で活性酸素を発生させ、
細胞の酸化と損傷につながる。
「お酒も少量であれば全身の血流を促す効果がある」。
適正な飲酒量の目安は、1日に日本酒なら1合、ビールなら
中瓶1本、ワインならグラス2杯。ただし、アルコールには
覚醒作用があるので、寝る直前の飲酒はNG。
posted by カイロプラクター石田 at 17:10| Comment(0) | ひとりごと