2021年01月07日

疲労についてA

副腎疲労が引き起こす不調のもっとも顕著なものは、慢性的な疲労感。
うつ症状はあるけれど、うつ病ではないため、抗うつ剤を飲み続けても
治ることはありません。

副腎疲労はなぜ起きる?
副腎とは、生命を維持するために必要不可欠なホルモンを50種類以上も
分泌する臓器。ふたつある腎臓のそれぞれの上に、
小さな脂肪の塊のようにちょこんと存在しています。
その1つにストレスに対応するためのホルモンがあります。
闘う相手であるストレスが多すぎれば、その抗ストレスホルモンを浪費して、
副腎は働きっぱなしになって疲れてしまい、その機能が低下します。

ストレスがもたらす悪影響を抑え込むことができずに、さまざまなつらい
症状が出てしまう。これが副腎疲労です。
posted by カイロプラクター石田 at 15:56| Comment(0) | ひとりごと

2021年01月06日

疲労について@

朝を迎えてもベッドから起きられない。
日常生活が難しくなるほどの慢性的な疲労感を抱えている。
その原因は「副腎疲労」だという事を知っていましたか?
小さな臓器である副腎が“疲労”することで、ストレスに対抗するホルモン
がうまく分泌されないことから起こります。

副腎疲労は生活習慣が原因です。

・朝がつらくて起きられない。午前10時頃まで目覚めないこともある。
・睡眠時間は充分なのに疲れがとれない。倦怠感があり生活するだけでも疲れる。
・甘いもの、塩辛いものが食べたくなる。カフェインを摂らないと仕事ができない。
・慢性の便秘。あるいは下痢などお腹の調子が悪い。
・15〜16時ごろにぼんやりするが、夜になるとなぜか元気になる。
・小さなことでもイライラし、キレてしまう。
・気持ちが落ち込む。うつっぽい気がする。
・風邪にかかるとなかなか治らない。
・思考力がうまく働かず、頭がぼーっとする。記憶があいまい。
・気力体力が衰えている。集中力も低下気味。
・性欲を感じない。パートナーがいてもセックスしたいと思えない。

ひとつでも該当すると副腎疲労の可能性があり、
3〜4つ該当するとかなり副腎疲労度が高いといえます。
posted by カイロプラクター石田 at 18:06| Comment(0) | ひとりごと

2020年10月12日

疲労ってそもそも何?A

自律神経は、呼吸、消化吸収、血液循環など生体の機能を調整する神経。
すべての臓器は自律神経と関係しています。
自律神経に“重労働”させるのは、主には過度な体温調節。
猛暑は室内と外気温が10度近く差がある場合もあり、急激な温度変化は
人類のDNAには組み込まれていない異常な状況なのです。

夏バテはまさに、この異常事態に「自律神経が悲鳴を上げています」というサイン。
しかし、多くの人はこのサインを見逃しているのだそう。

「人間はどの動物よりも前頭葉が発達していて、快楽や達成感を感じます。
自律神経の中枢はすでに疲れているのに、『もっと頑張ろう』『楽しいことのため
にちょっとぐらい無理しよう』と、そのサインを無視してしまうのですね。
こうして知らぬ間に疲労はどんどん蓄積します」
posted by カイロプラクター石田 at 00:00| Comment(2) | ひとりごと