2020年02月27日

足ツボで免疫力を上げるために

『なに? どこにある? 意外と知らない「脾臓(ひぞう)」のこと…』

脾臓は、肺炎球菌やインフルエンザ菌などの感染に対して防御する抗体をつくったり、血液の若さを保ったりするのが、主な働きです。小児期に活躍し、成長するにしだがって、脾臓の仕事は、リンパ節・肝臓・骨髄などに取って代わられます。

大事な3つの働き
脾臓は「赤脾髄(せきひずい)」と「白脾髄(はくひずい)」という2種類の組織からできています。赤脾髄には赤血球がたくさんあり、白脾髄はリンパ球の集まりです。脾臓を見ると、暗赤色の赤脾髄のなかに、白い斑点状の白脾髄が散在しています。
@古くなった赤血球を壊す
A血小板を貯蔵する
B抗体を作る

今回は、抗体を作るに注目してみましょう。

脾臓の白脾髄は「リンパ球」と呼ばれる白血球を作っています。リンパ球は、細菌・雑菌・ウイルス・異物・がん細胞などの侵入から体を守るための「特殊なタンパク質(抗体)」を生成します。
脾臓には全身のリンパ球の約4分の1が集まっています。「脾臓は免疫機能の要」といわれるのはそのためです。実際、体内で最大のリンパ器官といえるでしょう。多くのリンパ球によって、細菌や異物をすみやかに処理します。

コロナウィルス対策になるかもしれませんね。
posted by カイロプラクター石田 at 14:15| Comment(0) | ひとりごと

2020年01月03日

カルテ カイロ編B

◎30代女性
主訴:歯が痛い。でも、虫歯ではないのでと来店。

考えられる所の施術はするが、良くならなかったら歯医者に行くように
お願いをし施術。とは言え、顎関節しか考えられる所が無く、顎関節の
調整を行うと、痛みが消失。
それ以降、痛みが再発しませんでした。
posted by カイロプラクター石田 at 11:57| Comment(0) | カルテ

2019年12月17日

カルテ 疲れ目編@

60代 男性

疲れ目コース週1で3ヶ月間、その後は隔週でご来店。
同年代の女性に、「〇〇さん、肌ツヤが良いですね、
何か秘訣はあるのですか?」と聞かれ、やっている
事は、疲れ目コースだけだったので、
フットママの疲れ目コースをしている事をお伝えした
そうです。
posted by カイロプラクター石田 at 16:25| Comment(0) | カルテ