2018年10月30日

どうして足はむくみやすいの?足がむくむ原因

余分な水分が排出されずに体に溜まった状態が「むくみ」です。

血液は、心臓から動脈を通じて末端の血管まで運ばれ、
静脈を通じてまた心臓に戻ります。足まで運ばれてきた血液を、
今度は重力に逆らって心臓に戻す必要があるわけですが、
そのためにふくらはぎの筋肉がポンプのような役割を担っています。

足に走っている静脈には、逆流を防止するための弁があって、
効率的に血液を心臓に戻すのを助ける役割をしていますが、
この弁がうまく働かなくなると足がむくんできます。

〇長い時間、同じ姿勢のままでいる
ふくらはぎが動いていないため、足の血液が心臓に戻りづらくなり、
むくみます。デスクワークなど一定の姿勢をしている場合はもちろん、
立ち仕事でも、同じ姿勢だと起こりやすいのです。

〇運動不足
運動したりストレッチをしたりする習慣がないことでふくらはぎの筋肉が
衰えてくると、ポンプの役割が果たせずむくみが起きてきます。

〇栄養の偏り
ミネラルやビタミンB1、たんぱく質の不足によってもむくみが出ます。
塩分の取りすぎでも起こりますし、ダイエットなどでも栄養の偏りが出て、
むくみが起こります。

〇冷え
冷えにより血行不良となり、末端まで届く血液の量が不足して血流が
滞ってしまい、冷えとむくみがおきます。

〇水分代謝低下
温度管理された環境に居続けると、自律神経の働きが鈍くなります。
発汗は体温調節をする役割があり、自律神経がコントロールしています。
汗をうまくかけずに水分代謝機能が低下するとむくみます。

〇飲酒
アルコールには、血管内を脱水する作用があります。
そのため過度の飲酒は血液の濃度が高まることになります。
身体は血管内に水分を取り込んでバランスをとろうとしますが、
この水分がむくみを引き起こします。

〇妊娠によるもの
ホルモンの影響で、むくみやすくなります。
また黄体ホルモンも水分を溜めやすくするホルモンなので、
月経前もむくみやすい時期です。

〇病気によるもの
・心臓病
心臓に障害があると、心臓からの血液を送り出す力が弱まり、
むくみが出ます。

・肝臓・腎臓病
血液中の水分量を保つための浸透圧を調整するのは、たんぱく質のアルブミン。
肝臓や腎臓に障害があるとその量が少なくなり、血管の水分調整ができず
むくんでしまうことも。

・リンパ浮腫
医療の場でむくみと言う場合は、このリンパ浮腫と同じ意味で使っています。
血液と同じように、リンパ液も全身を巡っていて、その流れが滞るとむくみが
起きます。また、がんの治療でリンパ切除を行うとリンパ浮腫が起こり、
治療が必要な場合も。悪化してリンパ管炎などを起こすことがあるので、
心配な場合は早めに専門医を受診してください。
posted by カイロプラクター石田 at 12:36| Comment(0) | むくみ

2018年10月01日

美脚になれる!「足指」を広げることの効果とは?

足指が凝り固まっていると、身体に様々な悪影響を及ぼします。
女性は、ヒールやストッキングなどを履くことが多いので、
足指がくっつき、足指が縮こまってしまいがちです。

あなたは、手を使わずに足指を開けますか?
イスや床に座った状態で、手を使わずに足指を開いてみてください。
5本全ての指に隙間が出来るという方は、問題ありませんが、
開けないという方は要注意!
足指の筋力が衰え、足全体を上手く使えていない可能性があります。

では、「足指を広げる」ことには、どのような効果・メリットが
あるのでしょうか。

○足のむくみ解消
足指を広げると、血行が良くなり、老廃物が排出される為、むくみの解消が
期待出来ます。
血行の悪い人は、むくみが原因で2〜3cmも脚が太くなっているかもしれません!

○冷えの改善
下半身は血液が流れにくく、冷えやすい場所です。
足元が冷えると、代謝が悪くなり、全身の冷えに繋がります。
足指を広げることで、血行が良くなり、冷えの改善に繋がるので、
代謝アップが期待出来ます。

○姿勢が良くなる
足指が広がり、よく動くようになると、足がしっかり地面を掴み、
バランス良く立てるようになります。
足でしっかりと体を支えられるようになると、背筋の伸びた良い
姿勢を取れるようになる為、代謝が良くなり、痩せやすくもなります。

○歩き方の改善
間違った歩き方は、おブス脚の原因に!
足指が縮こまっていると、足指でしっかりと地面を捉えることが出来ず、
重心が偏ってしまったり、骨盤が歪んでしまったりします。
正しい歩き方は、脚が太くなる・余計な筋肉がつく、などといった美脚を
遠ざける原因を防ぐことに繋がります。
posted by カイロプラクター石田 at 17:25| Comment(0) | 足指

2018年09月25日

トラブルの原因に!着圧ソックスのNGな使い方

多くの女性を悩ます「脚のむくみ」。
脚がパンパンだったり、ダルくてつらい時でも、「着圧ソックス」を
履くと、楽になるので、手放せない!という方も多いと思います。

そんな「着圧ソックス」ですが、間違った使い方をしている方が多いです。

■圧力が強ければ良いわけではない
圧力が強いからと言って、効果が高いというわけではありません。
強い圧力のものは、場合によって血行障害を招くこともあります。

■正しい位置で履いていない
着圧ソックスは、足首・ふくらはぎ・太ももと、それぞれのパーツごとに
効果的な圧力が計算されて作られています。
その為、正しい位置で履けていないと、圧力がバランス良くかからず、
効果が発揮されません。

■長時間着用している
常に着用する方が良いと考える方もいるかもしれませんが、長時間の着用はNG。
着圧ソックスは、長時間使用してしまうと、本来身体が持っている機能が
衰えてしまい、更にむくみやすい脚になってしまいます。

■履いたまま寝る
寝ている時は、わずかな締め付けでも、身体の血行を悪くしてしまいます。
その為、着圧ソックスの着用は避けた方が良いです。

締め付けによる、血流やリンパの流れを悪くするので、フットママに来られる
着圧ソックスを履かれているお客様全員に共通しているのは、冷えが酷いexclamation×2
計算されていると言われていますが、足の長さや太さなど、個人差があり、
正しい位置で履けているのかも分からないので、履けていなかったら
効果は期待できないでしょう。

【追記】
・元々、着圧ソックスは、入院患者の足の浮腫み対策のモノであり、
 対処療法に過ぎません。根本から、浮腫みをどうにかしようと
 するのであれば、着圧ソックスはオススメ出来ません。
・腰が悪い方が、コルセットをするのと同じ様に、それに頼りっきり
 になり、浮腫みを酷くさせてしまうケースもあります。
・浮腫みを改善させるには、まず、毎日のセルフケア。運動(筋肉をつける)
 そして、呼吸です。大きく深呼吸してみて下さい。
 足から、スゥーっと引き上げられる感じがすると思います。
 深い呼吸が、浮腫まない身体にしてくれます。
posted by カイロプラクター石田 at 13:19| Comment(0) | ひとりごと